スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

EKAです!

今日も朝7時頃起床して、ランニングに行ってきました!

f:id:grunist:20180821101248j:image

今はシャワーを浴びてブログを書いています。

朝早く起きて行動すると

まだ午前中か、なんだか得した気分だな♪

と感じます。

最近は朝はとても涼しいので気持ちいいですよ!

さて、今日の記事は

家族、パートナーが片付けない場合はどうするの?

というテーマで考えていきたいと思います。

僕は現在実家暮らしです。

兄弟はもう家を出ているので親と僕の3人で暮らしています。

僕がミニマリストを志してからはだんだん親の片付けなさに怒りを感じるようになりました。

僕の部屋はほとんど何もない状態ですが、それ以外の場所は物でいっぱいです。

ミニマリストになってから物が多いと気分が悪くなります。

母は異常なマキシマリストです。

買っても買っても満足できず、使ってないものを

「これ、全く使ってないからいらないよね?」

と言っても

「ダメ!いつか使うかもしれないから。」

と言います。

正直タメ息が出ます・・・

父は割と片付ける事に協力的なのですが

僕が空けたスペースにいらない物を置く癖があり

「物を移動させる」=「片付ける」

と勘違いしています。

模様替えは物を移動させただけです。

捨てなければ何も変わりません。

今までいろんな本や同じような境遇の方のブログを読んで実践してきましたが

一向に母の「病気」は治りません。

もう、物は溢れているのに

物は十分持っているはずなのに

完全に病気です。

僕が家を出てしまえば関係ないのかもしれませんが

それでは一生この病気は治らないと思います。

広い家に住めば解決すると勘違いしています。

家が広いとその分、人は物を置こうとします。

家が狭いとその広さで生活するようになります。

ただ、一番難しいのはその人が現状に満足していればそれでいいのです。

僕たちミニマリストが絶対正義ではないのです。

考えの押しつけは一番家庭問題で御法度だと思っています。

一緒に住むということは

分かりあうこと

尊重しあうこと

少しずつ、少しずつでいいんです。

ミニマリストになってから

こんなに生活が豊かになったんだよ、時間に余裕ができたんだよ

って自分が相手に示すことが大切です。

マキシマリストが

いいなあ、こんな生活憧れるなあ

と思ってくれればミニマリストの勝ちですね。(笑)

なので、母にはあえて「片付けろ」とは言わずに

「今日リサイクルショップに行ったらこんなにもお金が返ってきた」

「部屋のものを断捨離したら気持ちがスッキリした」

「一日一つ物を捨ててるんだ」

など

最初の段階、はじめの一歩を踏み出せるような

興味の沸くような会話を心がけています。

マキシマリストは人のものを羨みます。

人と対抗したり変なプライドを持っているので

そこに火をつけてから少しずつ油を注いでいきたいと思います。(笑)

長い道のりですが、根気よく頑張っていきたいと思います。

以上、周りが片付けない場合はどうするの?でした!

スポンサーリンク
おすすめの記事